アジア転職支援情報

アジアの超富裕層人口 27年にも欧州追い越す インドなど伸び顕著
超富裕層人口がアジアで急速に伸びている。伸び率ではインドとベトナム。シンガポールとタイは,富の集中が顕著。27年には欧州を超える見込み。あなたのアジアキャリアはどうか。いま、1st Career のキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
中国の発展 第二段階に タイCP会長製品力で勝負 比SM副会長インフラ投資を期待
タイのCP、比のSMのアジア主要企業は、中国が第二の発展段階に入ったことを認識したうえで、中国の巨大購買力に対応したマーケット創造を狙う。ASEANの発足も市場拡大を加速させる。日本も事業機会は多い。あなたのキャリアはアジアを向いているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
アジアが変える世界 深まる相互依存 高まる愛国心
最近のアジアはナショナリズムの台頭で政治的に不安定になっている。しかしながらアジアはますます相互依存体制が進んでおり、一体経済が国家間の衝突を防ぐように働くか。あなたのアジアのキャリアはどうか。いま、1st Careerの転職コンサルティングで確かめてみよう。
日系工場に現地人材 製造向け派遣 成長市場に軸足
日本の製造業のアジア進出も現地人材確保に動いている。現地工場は現地要員で充当するのは当然だが、現地工場のマネジメント要員も本社からの出向・転籍で、本社がコントロールするのではなく、現地の有能な人々を雇用するのが成功の秘訣だ。郷に入っては郷に従えだ。あなたのキャリアは日本国内仕様か。グローバルで通用するのか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで現在価値を評価してみよう。
東南アジア進出の日本の製造業 7割が人件費上昇懸念 政治混乱も不安視
日本の製造業にとって東南アジアは投資・消費市場として最重要地域であることには、変わりないが人件費上昇のコスト負担リスクを超える収益をどう確保するかの戦略が問われている。あなたのキャリア戦略はどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションを通じて目標を確認してみよう。
アジアが変える世界 先端医療で格安モデル 「米資本主義」も動かす
アジアが先進国ビジネスモデルを変える。既存の仕組みを破壊して革新的仕組みを構築。先進国の政府やビジネスTOPもアジアモデルに教えを乞うてきている。その中で日本は内向き志向で取り残されている。あなたのキャリアは、時代の趨勢に合っているだろうか。いま1st Careerのキャリアコンサルティングで確かめてみよう。
アジア6億人市場 花開く 内需旺盛、世界が争奪戦
ASEAN,今や、世界経済のけん引役。アジアの工場からアジアの消費市場へ。その中で日本は各業種の進出が続き、勢いづいている。日本経済の再生を左右するのがASEAN。あなたのキャリアもいま、このようなトレンドを見据えて、アジアシフトする選択肢を考えたら如何だろうか。成功体験に安住することなくリスクを負ってアウェイで勝負する考えも一案だ。世界は動いている。転職価値のあるキャリアも動いている。
ASEAN企業 1兆円超ずらり 時価総額 26社、政府系偏重に課題
ASEANの大企業群が時価総額を伸ばしている。通信、電力が経済成長を牽引する。ASEAN諸国の経済成長見通しは、驚異的。そのチャレンジ精神には、日本企業もうかうかしていられない。競争が成長を促す。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションであなたのキャリアの現在価値を確かめてみよう。
外国人らグローバル人材 海外開拓へ採用急ぐ イオン、1000人規模 継続
国内マーケットの飽和に伴い、アジアを中心とした需要に対できるグローバル市場に拠点をシフト。現地のアジア人材の採用拡大は当然の流れ。日本本社志向ではなく、「郷に入っては郷に従え」で現地組織に任せるのが成功へのカギとなる。ようやく閉鎖的な日本企業も一部グローバル志向のマネジメントの兆しが出てきた。勝負はグローバル市場、アジア人との異文化融合だ。あなたのキャリアはどうか。キャリア価値がグローバルでも付加価値を有するか。いま1stCareerの転職コンサルテーションでそれを確かめてみよう。
日本の中小 タイで再起 ものづくり「底力」で生き残り 母国脱出、ノウハウ継ぐ
中小製造業のものづくり、国内市場はデッドロックに直面し、それが東南アジアのタイで復活。日本独自の熟練技術が生きてきた。グローバル市場へ止む無く出ていったところ、そこで生きる場所を確保できた。あなたのキャリアはどうか。日本市場をキャリアの対象に考えるのでなく、広くアジア市場で活躍できる旬のキャリアを備えているか。1st Career のキャリアコンサルテーションでそこのところをよく確かめてみよう。
社長100人アンケート アジア海外生産拡大44%、有望市場、首位インドネシア
日本企業の生産、海外シフト、特に東南アジア。インドネシア、タイ、ベトナム、ミャンマーが有望。アジア地域の人口、経済発展から需要地が生産基地だ。あなたのキャリアも有望職種、有望業種にシフトしているか。いま、1st Careerの転職コンサルティングでcareerの現在価値を確かめてみよう。
「アジア本社」競う 日本企業、東南アジアに中核拠点。タイ トヨタ・日産 周辺国生産を一括管理  シンガポール 三井物産 東京上回る権限
日本企業の現地進出で東京本社が進出拠点での権限を掌握していたため、現地化オペレーションが機能しなかった教訓を経て、アジア現地本社化が本格化してきた。現地のことは精通している現地に任せろということだ。これで迅速俊敏な意思決定が可能になった。この流れを強力に推進していき、東南アジアでリーダーシップを握ろう。あなたのキャリアも本社志向ではなく現場志向に意識転換しているか。いま1st Careerの転職コンサルテーションでそれを確かめてみよう。
日本企業の東南アジア投資、対中国の2倍
尖閣問題で日本企業の対中国投資はリスク回避から勢いがないが、やはりこの巨大な中国市場に対する魅力には勝てない。現在は、チャイナプラスワンの東南アジア投資が盛んだが、いずれ中国への投資意欲は戻ってくるはずだ。日本企業は、中長期の戦略を立てて、中国に対していく姿勢が必要だ。キャリアプランに対する姿勢も同じように目先にとらわれず、目標を設定したい。1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめていよう。
中国事業の売上高 「尖閣前に戻らず」3割 戦略拠点8割なお重視 進出企業調査
尖閣問題で日本企業の中国事業の売上高が、尖閣前に戻らない割合が3割。しかしながら、中国を戦略拠点として重視している企業が8割。日本企業は、中国の巨大な市場を抜きにしてもはや生き残れない。アジアの経済・政治・社会情勢は、変化する。ここでは、中長期の視点が企業の今後の成否を決める。キャリアプランを描くときも、その場その場のミクロで見るのではなく、中長期のスパンで考えよう。さあ、いま、キャリアの現在価値をリビューしてみよう。
日本企業の海外投資 ASEANシフト鮮明 中国の2倍に 上期1兆円 拠点を分散
日本企業、中国リスクの分散からASEAN諸国への投資増加。インドネシア、ベトナム、シンガポール、タイ、フィリッピン、マレーシアの6か国に加えて、「タイプラスワン」と呼ばれるラオス、カンボジア、ミャンマーへの進出も盛ん。日本国内市場の飽和状態を原因として、それを打破するための東南アジア諸国への投資増によって、日本企業も新たな多様性のある価値観やライフスタイル、各国の諸制度など環境要因とどのように関係を持っていくか、それが課題だ。我々の方が変化しなければならない。それができるか。肚を据えて行おう。
日本企業とアジア 「決められる人材」を現地に 関 満博 明星大学教授
アジア進出の現地に判断を任せること、それは当然のことだ。現地のマーケット、労働事情、諸制度は、現地でしかわからない。それにもかかわらず、何でも本社がコントロールしようとする。素早い判断はできず、他国との競争に負ける。内向き志向の日本企業は、グローバル経済にあっても意識変革ができない。痛い目に合っている今こそ、現地主義へと軸足を移すことだ。あなたのキャリアもグローバル化しているか。いまリビューしてみよう。
ASEAN ルネサンス 「日本一人勝ち」今は昔 6億人市場で大競争
ASEAN市場のいま。日本の成功体験がかえってリスクを生む。有為転変定まらず。変化への潮流をかぎつけていち早く行動へ!実際は過去を捨てて新しいものに挑戦することは難しい。しかしながら変化するものこそ生き延びられることも真実。
電機退職者 アジアが食指 大量リストラ「宝の山」に。
電機退職技術者のアジア市場再配置。マーケットあるところにヒトも動く。需要と供給現象だ。国内空洞化による雇用減少と一方、アジアで彼らの技術を必要とする中・印企業だ。あくまでもワンポイント・リリーフの役割。変化の中であなたのcareerの立ち位置も確認する必要がある。
新卒外国人の採用増加 東芝3割増、ローソンは2.4倍 国際展開の中核に育成
アジア市場攻略には、日本人より現地のアジアピープル。この当たり前の事実をようやく日本企業も学び、行動するようになった。今後はアジアピープルの多様な価値観との相克だ。その過程を経て価値観の融合へと展開していくことが期待される。その構図が、まさに「世界」だから。あなたの価値観の多様性はどうだろうか。
アジア採用 日本人気は北高南低 
日本企業の採用理由は、外部からの多様性のある価値観の導入によって、クローズド経営の打破が大勢だ。あなたのキャリアはその条件を備えているか。過去の経験にしがみついていないで、異文化の価値観を受け入れられる外部環境に自ら身を置くこと。それが旧いキャリアをブレークスルーする選択肢の一つだ。
ASEAN ルネサンス 国境地域を狙え 地の利回廊で決まる
ASEAN 国境を超えて変わる。そこに日本企業進出の動きを盛んにするものがある。ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーへの進出。日本企業もそこで生まれ変わるチャンスあり。あなたのキャリアは、生まれ変わる価値を有しているか。いま、確かめてみよう。
アジアの時代、変革急げ リー・クアンユー公共政策大学院長 キショール・マブバニ氏
米国からアジアの時代。アジア各国はアジアシフトの潮流をアドバンテージに変革を起こせ。あなたのキャリアはアジアで活躍できる旬の価値を持っているか。1st careerの転職カウンセリングでキャリア転職実現を。
日系企業の求人拡大
アジア各国5%増 10月―12月 IT企業など。日系企業のアジア攻勢。アジア地域での求人増は、あなたの専門キャリアをアジアで発揮する良い兆候。1st Careerの転職コンサルテーションでチャレンジングなポジションをゲットしよう。
アジア企業実力付ける、お雇い日本人過半数、適応できず
自分のキャリアを見据え、先手の行動を。1st Careerの転職コンサルテーションで自己のキャリアの棚卸とゴールセッティングをしよう。自己のキャリアプランが見えてくる。
アジア 日本に求めるものは。
リスクをとり、攻めに出る覚悟 日本人が弱いリスクを執る。この気概のあるキャリア転職志向者は、アジアで多様な価値観、人々と勝負しよう。1st Careerの転職カウンセリングをつうじて適合案件をゲットしょよう。
アジア 越境の勧め
活躍の場そこにある。国の概念をはずせ。巨大アジアは限りないオポテュニティーに溢れている。あなたの国内で縮んだ専門キャリアを広大なアジアで活かそう。さあ、いま1st Careerの転職コンサルテーションで。
グローバル展開 緩めず 社長アンケート
重点地域、東南ア 84% M&A、4割強が積極姿勢。グローバル展開でアジア市場を抜きにすることはあり得ず。あなたのキャリアをアジア市場で活かそう。1st Careerの転職コンサルティングで。
中国、離職率18%~20% アジア各国も軒並み高く
中国やその他アジア諸国の高い転職率から日本企業はいかなる対策を講じるのか。「現場重視」あなたの専門キャリアを活かしてアジアに進出している日系企業のオペレーションに挑戦しよう。1st Careerの転職コンサルテーションで、適合ポジションをゲットしよう。
中国リスク 企業の選択
成長へ、それでも手結ぶ。中国市場がやはり機会であり続けるのか、それともポスト中国で東南アジアにシフトするのか、それぞれの選択肢がある。あなたのキャリアをどのエリアで発揮するか。1st careerの転職コンサルテーションで的確な選択をしよう。
ASEAN投資 再加速
日本勢、4割増3800億円 中国からリスク分散。東南アジアシフト。あなたのキャリアをこのアジア市場で発揮しよう。1st careerのキャリアカウンセリングで挑戦的なポジションをゲットしよう。
アジアで働く 駐在員
発展する社会に身を置くことで、"企業戦士"たちが得た人生の糧。アジアの発展にあなたのキャリアが活かされる。1s tCareerの転職カウンセリングでアジアの適合ポジションをゲットしよう。
より大きな可能性を求めて、アジアへ
「アジアキャリア転職・生活の時代」がやってきた!アジア・ワークシフト。多様性に富んだ価値観、ピープルと共存を。1st Careerのアジア転職なら実現できる。
アジアで失敗しないためのヒトの活用法
現地主義を貫け。クローズドからオープンへ。アジアの多様性を受け入れよ。1st Careerであなたのキャリアを活かしたアジア転職実現を。
逆風下の企業経営 つながり再構築を
国内本社からの脱却。成功体験捨てよ あなたの専門キャリアをグローバル基準の企業への転職を通じて、キャリア目標を実現しよう。1st Careerならできる。
アジアの人件費 上昇加速 成長鈍化、製品価格は下落
素材メーカー、転嫁厳しく。アジアの人件費上昇の趨勢は続く。ここで日本企業の事業戦略の見直しと今後の展開に対する決断が求められる。あなたのマネジメントキャリアがここで活かされる。アジアで通用する戦略思考、リスクをとる戦略実行が必要。あなたのキャリア実現を1st Careerの転職カウンセリングで。
Cross Border世代駆ける 「クロスボーダー」歓迎
可能性求め外へ内へ。変化するアジア。アジアシフトの胎動の中であなたの専門キャリアと存在価値をはっきりと見据えて、アジア市場で活躍できるチャレンジングなポジションをゲットしよう。1st Careerの転職コンサルティングで。
東芝、海外技術者2割増 14年度5000人体制 クラウドに重点
富士ゼロックス 中国で2.3倍に。日本人技術者を大量にアジア市場へ向ける。彼らの高度なスキルがアジア市場で勝ち組になるだろう。ただ閉鎖的にならず多様性を理解して行動すること。1st Careerの転職コンサルテーションであなたの専門キャリアを活かすキャリア選択肢をゲットしよう。
韓国企業 「賢く働く」新たな経営理念
日本企業、新たな考えを取り込まず。変化に対して意識の転換が下手な日本人。アジア市場で揉まれることだ。アジアであなたの専門キャリアを活かした適合ポジションを1st Careerでゲットしよう。
日本で技術者採用 現代自・LGなど韓国勢
先端素材・部品 自前主義を転換。日本人の技術者が韓国でスキルを活かすのも一つの選択肢。あなたの専門キャリアを活かすキャリア選択肢を1st Careerでゲットしよう。
第18回国際交流会議「アジアの未来」 台頭する新興勢力:ビジネス界の新潮流
協力進み 広がる市場。アジアで日本人が成功するには、攻撃ではなく協調。アジアの人々との信頼関係。最大の資産。1st careerの転職コンサルテーションで適合案件をゲットしよう。
アジアの日系企業向け
人材紹介の求人 1~3月10%増。ダイナミック・アジアの時代。あなたの専門キャリアをここで活かそう。1st Careerの転職コンサルテーションで。
アジア 成長の「質」向上探る 日経新聞コラムニスト 平田育夫氏
協調と競争の戦略を。両面作戦が、日本人の特性に合っている。あなたの専門キャリアをこの広いアジア市場で発揮しよう。1st Careerの転職カウンセリングで。
アジアで通用する「グローバル人材」を目指そう!
起業家精神をもって自己のアイデンティティを貫こう。自己選択、自己責任の個人の時代。多様性に富んだアジアであなたの専門キャリアを花開かせよう。1st Careerの転職コンサルテーションで。
中国ブランド市場
日本ブランド力は高付加価値志向と日本文化独自性製品サービス志向へ 日本の存在価値。独特の芸術文化の伝統、アニメなどモダンなアートの発信。あなたも専門きゃりを活かして一味違った付加価値を発信しよう。1st Careerの転職コンサルティングであなたの存在価値を発見しよう。
21世紀、アジアの世紀。世界が変わる、会社が変わる、社員も変わる!
いち早く変化するビジネス環境で競争優位を勝ち取れ!あなたの専門キャリアを激動のアジア市場で腕を振るってみよう。1st Careerの転職コンサルテーションを受けて