ASEAN ルネサンス 「日本一人勝ち」今は昔 6億人市場で大競争

 6%成長が続く東南アジア。1990年代後半のアジア通貨危機で大きな打撃を受けたが、雌伏の時を経て「ルネサンス」 (復興)と呼べる第2の繁栄期を迎えた。中間癨の広がりで危機にも強くなった。2年後には東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体の創設で6億人の統一市場が誕生する。日本はその成長力を取り込めるのか。
  「もう日本車には戻れないわ」。シンガポールで専門学校を経営するシンディーキウ(50)は、トヨタ車から排気量1800∝のメルセデスペンツに乗り換えた。「欧州車だと周囲からの評価が上がり、人生の成功を実感できるの」
 日本車を「卒業」
 昨年の同国新車販売は1位がBMW、2位はベンツ。上位10社中、日本車はトヨタ自動車(3位)と日産自動車(8位)だけ。シンガポールの1人当たり国内総生産(GDP)は日本の4万ドル(約400万円)を超える5万ドル台。東南アジアの富裕層向け「ショールーム」で日本車離れが進む。
 ASEANは日本企業が絶対的な優位にある市場とされてきた。日本心一業は1960年代に投資を始め。二人三脚で成長。日本車が域内シェア8割を握る自動車は典型例だ。昨年の日本車販売は273万台と中国の250万台をしのぐ。
 日本企業が伸びればASEAN経済が成長し、それが日本企業に利益となって返ってくる。三菱自動車の13年3月期の東南アジアの営業利益は900億円。全体(674億円)を上回り、日米欧での赤字を補う。だが日本企業の一人勝ちを世界の企業が放っておくわけがない。豊かになれば「日本」を卒業する高所得層も増えていく。中間層も価格が同じであれば日本製品へのこだわりはない。
  「インドネシア事業はいずれアジア最大になる」。5月8日、ジャカルタ郊外の新工場で米ゼネラルーモーターズ(GM)副社長のティムーリー(62)が宣言した。大家族に適した売れ筋の小型ミニバンを欧米勢で初めて現地生産する。価格は1億4千万ルピア(約137万円)から。トヨタと同じ普及価格帯で日本車追走へとのろしを上げた。
 韓国・現代自動車は6月5日、タイーバンコク郊外 に「アジア最大級」とうたう敷地面積1万2千平方メートルの販売店をオープン。現代自の昨年のタイ国内販売は5千台、シェアはO.3%にすぎないが、この販売店に10億円を投じた。
 スポンサー争奪
 家電も動きが急だ。韓国LG電子は2月、ベトナム北部ハイフォン市に工場建設計画を発表。エアコンや冷蔵庫、洗濯機、液晶テレビを生産する。10年で15億ドルを投資する計画とされる。同国では洗濯機、冷蔵庫のシェアの4~7割を三洋電機が握っていた。
 今も「サンヨーブランド」は絶大な人気。だが同社の白物家電は12年、中国の海爾集団(ハイアール)が買収、日本勢と中韓勢のシェアは逆転した。日本勢もパナソニックがベトナムで白物家電の生産能力を拡張。3月に同社にとして東南アジア最大級の洗濯機工場を開設、巻き返しを図る。
  2年に1度の「ASEAN地域五輪」。今年12月の開催地はミャンマーだ。10社程度のスポンサー枠に30社近くが名乗りを上げた。6月にパナソニックが一番枠を射止めたが、ある韓国企業は日本勢の586倍の金額を提示。「獲得できる残りの枠はすべて欲しい」
  どんな市場でも優位はつかの間。成長市場を奪い合う大競争がASEANで始まった。  (日経新聞2013.06.25)

2013.07.28