企業トピックス

東芝不正会計歴代3社長の訴追、異例の応酬 監視委「明らかな粉飾」検察「疑問点多く困難」
東芝不正会計問題で、検察と監視委が応酬しあう。検察は、「証拠上、疑問点多し」とする一方、証券監視委は、「明らかな粉飾」とみて、金融商品取引法違反罪で刑事告発の方向。会計専門家は、この問題は、粉飾決算の一丁目一番地。これを等閑視すれば、日本市場の信頼性が失われると見る。さあ、どうするか。一歩ここで踏み出せるか。
「賢い電子部品」に軸足 京セラ 専門新組織 村田 米社を買収 医療・自動車運転・省エネ
モノのインターネット化(IOT)技術の広がりで電子部品大手が「賢い部品」事業へ。村田、京セラ、オムロン、TDK,アルプス電気がそれぞれの得意分野を開発している。蓄電コンデンサー、電波フィルター、センサー画像ソフト、測定データ加工ソフト、認識センサーソフトなど多岐にわたる。あなたのキャリアは時代に即応しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
GEの変身 イメルトCEOに聞く 製造業のデジタル化に力 資産の4割売却、積極投資
あのGEが大胆な構造改革を!金融ビジネスからの撤退、本業の製造業を強化。時代は「インダストリアル・インターネット」、産業機器をインターネットで結ぶ。産業のデジタル化でGEがリーダーシップを取ろうとする戦略だ。今日勝者でも明日はわからない。強者はますます強者に!あなたのキャリアの市場価値はどうか。戦えるか。いま、1st Careerのcareerコンサルテーションで確かめてみよう。
道半ばのSNS利用
英米の企業のSNS利用は高い。リスクよりもメリットに重きを置く。一方、日本企業は、SNSに対してリスクを考えてしまい、消極的だ。ここにも日本企業の内向き志向が残っている。あなたは、どう考えるか。メリットとして捉えることができるか。いま自分のポジショニングを1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
世界新秩序 米中を追う 米の大学 群抜く中国の存在感 習主席の娘、今春卒業
いまや、中国は米トップ大学にまで中国幹部の子弟を送り込む。相手を知れば百戦危うからず。だ。米国の大学も中国に分校を開設し、中国を理解する大学生を育てようとしている。こうした動きが、単に自利に走る手段ではなく米中の相互理解が進むことが期待される。あなたのキャリアは多様性をもっているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
SCSKが首位に 人を活かす会社 トップ主導で残業削減 2位・富士フィルム 働き方で対話
人を活かす会社は、残業削減、働きやすい職場環境の整備、ダイバーシティ経営、職場のコミュニケーション、育児・介護の項目が高い会社のランキングに入った。要するに、社員に気遣いのある経営が高い評価を得ている。人事・総務・経営陣はこうした項目についてどのような位置に立っているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
外部からプロの経営者を起用 サントリー社長に新浪氏
社長のポジションは、オーナー企業ほど、創業家を含む内部登用に走りがち。しかしながら、グローバル経済下、内向き志向では企業の存続が危ぶまれる。内外経験に通じた外部プロ経営者を招くのは自然の流れ。あなたのキャリアは、内向き志向ではないか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ビッグデータ 先読みの武器 「つぶやき」集めて分析 販売や防災、効率的に
ビッグデータがビジネスのみならず我々の生活にも大きな変化をもたらしている。SNS上の個人情報を分析、ビジネスにつなげる。あなたのキャリアはこの流れに対応しているか。技術系ばかりでなく、金融・管理・営業マーケティング分野のビジネスパーソンもビッグデータの構造・影響を認識する必要がある。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確認してみよう。
国際拠点へ海外人材誘致 東京特区、再開発迅速に
東京圏の国家戦略特区事業は多様性に富んでいる。都心再開発により国際ビジネスや創薬の拠点形成が進み、東京が国際拠点へ海外人材を誘致する国際都市に変わる。そのためには、長年の様々な規制・制度を取っ払って新しく生まれ変わる仕組みづくりが重要だ。あなたのキャリアも時代に対応した形に変われるか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。今がチャンスだ。
女性活躍 来月に総合策 首相表明へ 20年まで目標 国際シンポ
官民が揃って女性が活躍する社会づくりに踏み出す。国際的に政府、企業での女性の参加は極めて低い。当然のように長年、男性中心の制度・仕組みが社会の隅々まで覆ってきた。日本が労働人口の減少に伴い、労働力を確保する観点からも女性の幅広い活用が望まれる。男性の意識の改革必要性も大きい。女性のあなた、いまキャリアを見直しては如何。1st Career のキャリアコンサルテーションで。
米IBM ビッグデータに賭け クラウド時代、変革が急務 人工知能に積極投資
ビッグデータがあらゆる産業・生活のインフラストラクチャーになっている。時代はクラウド。IBMも中核戦略をビッグデータに据えた。だが、現在は減収が続く。新興IT企業の猛追も迫る。今の投資が実を結び、収益に貢献する時期はいつ来るのか。あなたのキャリアも現在価値から将来価値の方向へシフトする必要がある。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
社外取締役「複数」が8割 企業統治を強化 人材難で兼務倍増
上場企業が複数の社外取締役を導入。企業統治が狙い。しかしながら、人材難で兼務増える。理由は、そもそも日本企業の取締役は純粋培養で社内で階段を大過なく上がった人が選任されていた。だから、社外取締役のような経営的観点から意見を具申するような適格者には乏しい。政府の成長戦略の一環としての社外取締役設置も企業内部からではなく外部からの圧力に過ぎない。あなたのキャリアはどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
日本企業は新たな挑戦を 米コロンビア大教授 リタ・マグレイス氏
日本企業はややもすると成功体験にしがみついてずっと優位性を保てると錯覚している。競争優位が持続するなんてことはないのだ。競争環境は常に変化する。したがって、企業は、リスクテーキングを取りながら、イノベーションにチャレンジし続けなければならない。それが企業の本質なのだから。あなたのキャリアも賞味期限が切れていないか。いま、1st Careerのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
日本企業のグローバル化 自前主義からの脱却必要
グローバル経済下、日本企業は自前主義を捨てて海外企業の異質のマネジメントスタイルの導入が成功の秘訣でもある。そのための海外M&Aを積極的に進めたい。経営体質、組織原理、社員、及び文化をも融合する必要がある。あなたのキャリアは、グローバル基準に適合しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
イノベーションの条件 意欲的企業の障害除け 欧州は産学協力促す 伊地知寛博 成城大学教授
イノベーションを技術のみに変調せず、プロダクトやサービスのイノベーションにも広げたい。ヒト、カネ、技術情報が不足しがち。中小は大学と共同研究へ。あなたのキャリアアップはどうか。いま1st Career のキャリアコンサルテーションを通じて現在のポジショニングと将来目標をデザインしよう。
外部人材革新力 ちょっとの工夫で会社は良くなる。外から来るとよく見える。
経営の視点を変える。これは、内部組織ではなかなかできない。現行組織に染まっているからだ。外部からは良く見える。外部の経営のプロフェッショナルを招へいするのはそのような理由からだ。あなたのキャリア価値はどうか。いま、1st careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
起業支援は「代謝」重視で 組織の人材流動化を 資金回収で事業売却も本庄裕司 中央大学教授
日本の起業支援は組織・個人ともに根底にリスク回避の傾向がある。しかし、グローバル時代、ネット社会下では、変化と革新こそがキーワード。組織よりも個人優位の時代。何度でもチャレンジして自己の人生を謳歌しよう。かけがえのない人生を!あなたのキャリアは輝いているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで現在価値と目標設定を確認してみよう。
シェア首位5品目交代 M&A活用勢躍進 日本勢、トヨタなど11品目 (世界シェア調査)
商品・サービスの世界シェアの変化は激しい。企業の事業戦略・人的資源・技術開発・マーケティング・営業など総合力がモノを言う。グローバル市場にリスクを負って打って出るベンチャー精神だ。あなたのキャリアは時代を見据えて磨いているか。いま、1st Career Int'lのキャリアコンサルテーションで現在位置と将来目標を確かめてみよう。
社会貢献と利益両立 NPOや地域と一丸 日経ソーシャルイニシアティブ
今日の社会的課題を解決するには、企業は単に利益追求のみでは存在意義はなく、NPOや地域、個人までを対象としたソーシャルな視点がポイント。地球全体が繋がっている感覚。あなたのキャリアはこうしたソーシャルの視点に適合しているか。キャリア内容も人生の意味といった観点からのリビューが大切。いま1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
個人の力、ITで引き出せ。日本の潜在力 村井純 慶応大学教授
潜在力を高めるには、国が縛っているあらゆる分野の規制改革が第一。そうすれば、民間の大中小の企業組織が活き活きと活力をつける。そして、個人がオリジナルの発想でどんどんネットワークを作り結びついていく。あなたのキャリアもこのような発想でチェックしてみてはどうだろうか。創造こそが生きる力だ。
消費の主役、新興国に交代 先行投資、果実大きく
新興国への投資が革新力を生み出す。消費パワーは新興国が主役。あなたのキャリアは旬の価値を有しているか。いま、1st Careerのコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
中小の国際人材育成 JICAや経産省 新興国へ派遣拡大
日本の中小企業のアジアを中心とした新興国進出に当たり新興国に精通した人材育成制度を経産省やJICAが力を入れる。中小企業はアジア進出のノウハウが乏しく人材育成も手薄だった。中小企業も国内市場が飽和点に達しているケースも多く、投資や消費市場として有望なアジア市場に打って出ることでサバイバルの展開を模索。それには、アジアに強い人材育成が要になる。あなたのキャリアはどうか。いま1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
リアルREALの逆襲
世界の流れは、ひとつは、個人の独創性追求、もうひとつは、政府、企業など組織の関与の撤廃だ。要するに、個人が自由闊達、自己選択、自己責任でLife Stageを歩んでいく世界が広がっていくことが、個も全体もhappinessを実現できる。その意味で、デジタル時代の進化は、アナログ(リアル)の逆襲が生まれる要素を孕んでいる。あなたのキャリア実現もこのような観点から見直す必要があるのではないか。
本格的なビッグデータ活用の時代へ
ビッグデータの利用活用が本格的な時代を迎えている。既存の企業の利用を超えて新産業創出で新ビジネス創造が期待される。意識転換が必要だ。単にIT領域に留まらず経営者の視点からビッグデータを利用するユーザーへのまなざしが重要。あなたのキャリアはこの時代の転換に対応しているか。いま1st Careerのコンサルテーションで確かめてみよう。
武田に外国人社長 国境超えた経営に必要 1兆円買収活かし切れず
武田薬品が国内市場からグローバル市場へ展開していくために、スタンダードな取締役会、経営の意思結滞の仕組み、そして企業統治(コーポレイトガバナンス)へと踏み出した。ガラパゴス化した日本人のCEO決定システム、閉鎖的経営体制を敷いている限り、グローバルで敗者になることは目に見えている。日本の企業はどこもこのようなジレンマを抱えている。外をしっかり見据えて、グローバルゾーンに踏み出すことだ。あなたのキャリアはどうだろうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルティングでキャリアの現在価値を確かめてみよう。
大量退職時代が到来 シニア強み生かし起業。人脈 会計士800人が出資 知識 元教授、特許が形に
シニア起業時代到来。しかし、現実は甘くはない。長年のサラリーマン時代の成功体験、思考行動パターンから抜け出せない。起業家精神を育むのは至難の業。ネットワークを組んでも相互依存体質が残る。まさに自己選択自己責任の起業。それが起業の醍醐味だ。いま1st careerのキャリアコンサルテーションで、自己の起業適合性についてリビューしてみよう。
IT技術者「2015年問題」特需2.6兆円 開発へ8万人不足
2015年のマイナンバー制度の施行を前にしてシステムエンジニア(SE)が8万人不足する「2015年問題」が懸念されている。膨大な情報量の改変に対する対象となる自治体や企業の認識が乏しい。それこそシステム志向が必要な改編であるにも拘わらず、相互のネットワーク感覚がない。土壇場でテンワヤンヤする恐れがある。この課題を突破するために関係者の認識と行動が望まれる。あなたのITキャリアは旬の価値を有するか。いま、1st Careerの転職コンサルテーションで現在価値とキャリア目標を設定しよう。
個を活かす就業機会創出へ 経済成長促す人材力
雇用の流動性は以前から叫ばれているが依然として動きは鈍い。一方では、今までの企業単位の終身雇用型の残滓があるのと、他方、社員が社内培養型でAWAYで勝負できるだけのキャリアを積んでいないことがある。グローバル経済時代にあって、国内あるいは社内だけで通用するclosed型からグローバル転職市場で通用するopen型の旬のキャリアを持つことが目標になる。変化にしり込みすることなく、変化はむしろチャンスととらえてリスクを負ってチャレンジしよう。さあ、1st Careerの転職コンサルティングでキャリア目標を見定めよう。
IT大手、クラウドが支え MSやインテル パソコン不振を補う 7~9月は業績改善
米IT大手、MSやインテル、パソコンはダメだったが、それをクラウドが支えた。いまやクラウドコンピューティングが、時代の潮流。全世界に溢れる膨大なデータを分析して、企業業績や個人生活の向上につなげる一大技術革新だ。あなたのキャリアはこのような変化に対応しているか。いま1st Careerのキャリアコンサルテーションで現在価値を確かめてみよう。
製造業「高度化で競争力」GE会長 データ分析軸に 日経フォーラム「世界経営者会議」
製造業は高度化へ。データ分析力がカギ。商機は常にある。時代の先見力がマネジメントには大事。あなたのキャリアはどうか。先が見えてこない時代にあって先見性、洞察力、創造力が求められる。いま、1st Careerの転職コンサルテーションで、自分の立ち位置とゴールを見直してみよう。
電子部品 復調鮮明に スマホや車 市場に広がり 大手6社 7~9月受注最高
スマホ、タブレット、あるいは車の需要拡大により電子部品大手の受注額が急拡大。この部品業界を潤っているのは、まずスマホのグローバルレベルでの需要拡大が何よりのけん引力だ。そして日本の部品業界の付加価値の高い高度な技術力がマーケットのリーダーとなっている要件だ。あなたのキャリアはどうか。キャリア価値が世界で戦える、付加価値のあるキャリア内容を備えているか。いま、1st Careerの転職コンサルテーションでそれを確かめてみよう。
「創業塾」全国300か所 女性・シニア特化も 政府、来夏に。会社設立準備まで支援
官製「創業塾」。個人で創業するというベンチャー精神に乏しい日本が、創業へのおぜん立てを政府が支援するという構想。手を差し伸べることで創業へのアドバンテージに働けば良いが、かえってベンチャー精神が委縮するようでは身も蓋もない。Stand alone.自己が自分で立ってリスクを負い、自分で切り拓いていく精神が望まれる。あなたのcareerにはその精神が混入されているだろうか。1st Careerの転職コンサルテーションで確かめてみよう。
世界のIT「スマホの次」へ 稼ぐ領域、求められる日本
技術革新面での日本企業の体質は依然として「改良」に留まる。そこには「創造」はない。留まることが「リスク」であるのに、チャレンジ精神を呼び起こせない。「集団主義」、「出る杭は打たれる」、「ガラパゴス体質」・・・。グローバル競争下で勝ち残れるか。あなたのキャリアはどうか。成功体験に溺れていないでリスクを執っていま「旬のキャリア」を磨こう。1st Careerのキャリアコンサルテーションで。ITがスマホの次を目指すように。
時価総額、米企業に勢い 日本勢じわり浮上 中国トップ10の座失う 世界株式時価総額ランキング
世界株式時価総額、世界的なブランドや競争力のある米企業が大勢を占め、日本企業も勢いが出てきた。一方、一時席巻していた中国が後退。グローバルマーケットは常に変化している。あなたのキャリアはどうか。賞味期限切れのまま?それとも旬のキャリアを持っているか。1st Careerの転職コンサルティングで確かめてみよう。
女性のキャリア断絶防げ フルタイム促進がカギ 役員割当制は企業に負担  鶴光太郎 慶大教授
一般的に女性は就業している中で結婚・出産・育児のライフステージをたどる。その際、調査によれば何らかの形でキャリアを継続していくことが望ましい。その場合、政府や企業の施策が前提だ。我が国企業も市場の半分を女性が占めていることに気づいて、むしろ女性の視点でマーケットを再構築する方が収益に貢献するだろう。キャリア志向の女性はいま1stCareerのキャリアコンサルテーションで自己のキャリアプランを確立しよう。
混沌の先 リーマン・ショックから5年 技術革新をもう一度
「世界はリセットされた。だが攻めの投資は不変だ。」ジェフ・イメルトGE会長、2月の株主への手紙で。リーマン・ショックの混沌を経ていま技術革新の波を起こそうと世界が動き出した。あなたのキャリアはその波を捉えられるか。いま、1st Careerのキャリアコンサルティングでキャリアの現在価値を確かめよう。
モバイル奔流 第4のIT革命 世界の巨人らもがく
PCからモバイルへ!IT革命の進化は留まるところを知らない。「変化する」という万物の理は、IT分野ばかりではなくすべての業種に渡る。成功体験に溺れず、常に「創り出す」という経営理念で切り拓く精神と行動が肝要。これは企業ばかりではなく個人についても言える。いま、1st Careerの転職コンサルティングで自己のキャリアの立ち位置を確かめてみよう。
世界的な企業のトップ輩出 東大2位、アジア首位 英誌が初の順位付け
東大2位と言って素直に喜んでいられない。世界的な大企業と言っても日本企業の場合、内向きなガラパゴス企業が多い。また、CEOといっても前任CEOからの順繰り昇進といった私物化傾向も否めない。真のグローバル企業として価値転換できるか否かが問われている。競争環境が激変している今日、アウェイで勝負できる気概と覚悟があるか。企業にもヒトにもそれが問われている。1st Careerの転職コンサルテーションで現在価値を確認してみよう。
クリエーティブな生き方を目指そう。個性持って自己実現の道楽しむ 創造開発研究所代表 高橋誠氏
各人それぞれの人生。それはその人が生み出すクリエーティブな生き方だ。既成の制度や価値観があるだろう。しかしそれらに諾々と従うだけでは、如何なものか。生きているという感動を味わえるだろうか。既存の価値観を超えてそのひとのクリエイティビティをプラスして初めて、その人しか味わえない達成感、満足感が生まれるのではないか。人生のキャリアステージをどのように歩んでいくかも同じことだ。いま、1st Career のキャリアコンサルテーションで現在の自分の立ち位置を確認してみよう。
女性幹部 登用アピール 人材獲得のテコに 住友化学・帝人など相次ぎ開示
女性幹部の登用の意味合いが人材獲得の手段の限定的範囲では、十分でない。企業が女性を被雇用者とのみ捉えるのではなく、マーケットでは消費決定者が男性ではなく女性が担っているケースが多い。事業発展のうえで女性の消費を焦点に置いたマーケティングが企業発展のカギの一つだ。人口動態の高齢化で元気な女性のエナジーは恐るべし。男性志向から女性志向へ、意識の転換が求められる。1st Careerのキャリアカウンセリングで、このような意識転換ができる企業でのキャリア実現を考えるのも如何であろうか。
MSバルマー氏が悟った限界 IT開花 新発想競う時代
MSのような成功企業でもライフサイクルはある。IT革命の進化とスピードはすさまじい。時代の潮流に合ったseedは成長発展を遂げる。常にエンジンに点火し続けなければならない。キャリアも同じだ。いままで経験したキャリアはあくまでもその時期に有効だった。でも今に通用するのか。時代に旬のキャリアは何か。蝶の脱皮のようにキャリアも何度も脱ぎかえる必要がありはしないか。いま、キャリアの現在価値と目標設定について見直してみよう。
経営革新進め企業若返り 「会社の成長」本社試算 三菱自「安定期」サンリオ「成長期」
企業もヒトも成長、発展、安定、停滞のライフサイクルがある。各段階で次のステージに進むために、独自の力でエンジンに点火してさらに質の異なる飛行を進める。キャリア目標実現の場合でも同様だ。キャリア価値の現状に甘んじていないで、リスクを執って多様性、異文化、グローバルのキャリアが体験できる転職も選択肢の一つ。さあ、いまaction modeへswitch ON!!
イノベーション どう起こす? 卓越した基礎研究がカギ 100年先の成果見据える 
わが国では「イノベーション」を起こすのが難しくなっている。研究者も企業も政府も社会全体が「スピード」を求められる結果、短期成果志向に走る。新たな発想が結実するまでには途方もない時間が必要だが、今日の社会はそれを待っていられる余裕はない。短絡・スピードに偏った振り子を戻す思考・価値観の転換が必要だ。あなたのキャリア目標もそうした面から考え直すとこも必要ではないか。
スマホ経済 波及効果、年7兆円 機械・化学など「川上」に拡大
特定の製品やサービスが幅広い業種に渡って、収益の相関が変わってくる構図がでてきた。スマホがそれだ。化学・機械など一見、縁がないと思われる業種にも恩恵をもたらす。一方、スマホ拡大でマイナスの相関に見舞われる業種も出てくる。有為転変定まらずの構図だ。キャリアについても所与の与件とするのではなく常にリビューして、現在価値を確かめよう。
世界ICTカンファレンス2013 ビッグデータ&クラウド新時代
ビッグデータとクラウドの時代。ITもマーケティングも大きく変わる。この潮流をいち早くキャッチアップすることがこれからの時代の経営のKFSとなり得る。あなたのキャリアはどうだろうか。現時点での価値と時代を見据えた将来にキャリア価値へとActionを起こそう!
創業段階から支援手厚く 資金・人材・場所を提供 無料で拠点確保、外部から社長
ようやくベンチャー企業への支援が手厚くなってきた。主として多額の設備資金を必要としないIT企業が中心。生まれたばかりの卵を育てて(インキュベーション)立派な雛に!スモール、創造企業へのサポートの流れが若者の挑戦にドライブがかかることを期待したい。
ビッグデータ 分析に人材の壁 25万人不足の見通し IT各社、育成へ本腰
「ビッグデータ」が企業の死命を制する。問題は、データを分析する専門家(データサイエンティスト)が不足していることだ。育成は一朝一夕にはいかない。戦略的に推進する必要がある。あなたのキャリアは、その現在価値を有するか。いまリビューしてみよう。
通いたいビジネススクール 本社など調査 米ハーバード大が首位 実践的内容に定評
内外名門ビジネススクールに通いたい希望はあれど、実際にかかる学費、生活費を負担できる余裕は個人も企業にもない。さらに企業がMBA取得を評価処遇する制度がない。人的資産こそ無限資産を標榜する企業にあって今日のグローバル競争下、リーダーを育てる一環としての人的投資の必要性を喚起したい。
IT人材争奪 インド過熱 有力理工大 外資が日参
インドの有力理工大に優秀なIT人材確保で外資が攻勢。その理由は、IT人材確保が企業の死命を制するからだ。ITが全産業のインフラを担っているほか、IT技術の進歩は留まるところを知らない。インドのIT人材は豊富。欧米アジアのアウトソーシングセンターの役割も果たす。あなたのITキャリアは旬の価値を持っているか。いまリビューしてみよう。
企業は「成長の罠」回避を 米ペンシルバニア大教授 ニコライ・シゲルコ氏
企業の成功体験、これは同時に危機(リスク)にも通じる。キャリアも同じだ。成功体験を墨守していれば、賞味期限が切れたのも気づかない。フォローの風が吹いている、その時に備え(リスク)を怠らずに。いま、あなたのキャリアの棚卸を!
マイクロソフト、スマホゲーム アップル・グーグルに配信 囲い込み戦略 転換
MSが自社で囲い込んできたゲームソフトをアップル、グーグルに開放し始めた。PCからスマホへの流れが市場の潮流となった今日、戦略転換を図らざるを得ない。あなたのキャリアはどうか。旧態依然とした過去の成功体験に縛られていないか。ここで、キャリアの棚卸をしてみよう。
川重、社長解任劇 役員育成の専門家に聞く 日本企業「役員力」が不足。取締役会 上下関係も弊害
我が国の企業経営の典型的事例。株式公開会社のクローズド経営は、内輪の論理が横行し、外部、株主の方を向いていない。取締役会も上下関係で保たれていて、ガバナンス不在。グローバル経済下にあって、社会における私企業の立ち位置に経営層は目覚める必要がある。外部の血の導入、例えば社外取締役の活用だ。このような企業を取り巻く環境にあなたのキャリア、価値観は合致しているか。確かめてみよう。
生涯現役へシニア起業 能力と人脈生かす
生涯現役、シニア起業の流れは、日本の企業制度で個性を活かしきれなかったサラリーマン時代から定年を迎え、第二の人生を起業の夢を実現したい気持ちの表れだ。今までのキャリア、ネットワークを活かして起業する。サラリーマン時代と違って自分で選んだ道。自己選択、自己責任だ。多様性を持ったライフステージの選択ができる時代の到来だ。日常の意識、態度、行動についてStop,Look,Renewのプロセスを踏んでみよう。
世界経済の潮流変化に備えを
世界経済は常に変動している。日本、米国、欧州、中国、それぞれ個別の要因を抱えているが、それらの要因がお互いに関連して動いている。その中で日本は米国などに振り回されることなく、立ち位置を明確にする必要がある。あなたのキャリアも外部環境が変動する中で、自分の立ち位置をはっきりさせる必要があろう。
自動車部品 変わる供給網 「小が大をのむ」賭け  淘汰の時代、提案力磨く
自動車部品、ただ今まで通りは衰退の道。マーケットの現状に対応したあらたな提案力が成否を左右。規模の大小は関係ない。良い時代がやってきた。創造性をもった提案力を磨こう。あなたのキャリアの中で提案力は光っているか。現在価値を確かめてみよう。
転職基準は社会貢献 収入より興味・理念 ハーバード→環境団体 弁護士→JICA
転職基準が、モノ(カネ)から、自分の興味・理念へ。大勢ではないが、一部、こうした動きが出てきた。ライフステージの節目で自分のキャリア目標を見直すうえで、収入より価値観の追求という視点も考えたい。
ツィッター生まれない日本 革新を拒む前例主義
新しいものを創る。企業でも個人でもさらに文化芸術に至るまで「創造する」ことこそ、存在価値だ。前例がない事柄にリスクを執って挑戦する姿勢。あなたのキャリアは、新しい仕事に挑戦してきたか。1st careerの転職コンサルティングでキャリアの現在価値を棚卸してみよう。そこからあなたのキャリアプランの方向が見えてくる。
位置情報が拓く 個人の動きは「宝の山」
分析から新サービス
アジア 世界の5割経済圏 2050年GDP8倍
湧きおこる中間層 日本、ネジ巻き直そう。国内の縮み志向から巨大なアジア市場に目を転じ、貴方のキャリアもそこに焦点を合わそう。1st Careerの転職コンサルティングで旬のキャリアをアジアでゲットしよう。
企業リーダー早期に選べ スイス・エゴンゼンダーインターナショナル会長兼CEO ダミアン・オブライエン氏
明確な選考ルールを。鉄は早いうちに打て!の格言のようにリーダーも早期段階で見定めて徹底的に組織全体で仕上げる。1st careerの転職コンサルティングで現在組織に満足できないなら、貴方の価値観を活かした適合ポジションをゲットする選択肢もその一つ。
揺るぎない「絶対価値」の確立がグローバルに通用する人と企業生む
グローバル人材とは。自らを磨き、個を確立  三井物産会長 鎗田松蛍氏。個人の価値を尊重する。だから自らを常に磨いて、蝶の如く何度も変態を繰り返していく。あなたの旬のキャリアを1st careerの転職コンサルティングを通じて最適ポジションをゲットしよう。
世界経営者会議 日産自動車社長 カルロス・ゴ―ン氏
情熱と共感 変革の原動力。最後はヒトの力。エネルギーだ。各人のエネルギーを組織目的のベクトルに結集できたときに目標実現が果たせる。1st careerの転職コンサルティングであなたのキャリアを活き活きした組織で発揮させよう。その機会は1st careerの転職コンサルティングで。
シニアが拓く
起業、社会貢献を意識。シニア世代は今までのキャリア経験を活かして築いたネットワークを基にネットワーク型起業を薦めたい。ただし、仲良しクラブ感覚では成功はおぼつかない。自己管理、自己責任を貫いてシニア時代のライフデザインの実現を。1st careerの転職コンサルティングで。
ビッグデータ活用の条件 ITと経営の融合が鍵に 元橋一之東京大学教授
事業戦略支援に活用 人材育成・官民協力も課題。ビッグデータ時代、ITと経営が融合する。あなたのキャリアも時代に対応しているか。専門分野を狭くせずにキャリアの統合化を図るべし。1st careerの転職コンサルティングで時代対応のポジションをゲットしよう。
海外M&A成功の秘訣 日本電産社長 永森重信氏
米国は契約後が勝負 方針示し経営委ねる。グローバル・マネジメントは、俊敏な決定、リスクを執る、現場・現地主義。あなたはグローバル基準に合っているか。1st careerの転職コンサルティングで価値あるキャリアをゲットしよう。
グローバル事業展開 内外逆転自然の流れ
国内ビジネス環境の整備を。もう国内だ海外だとは言っていられない時代。ビジネスもヒトモすでに国境を越えている。あなたのキャリアも国内だけで通用するようなら、時代遅れ。1st careerの転職コンサルティングで旬のキャリアに衣替えして、グローバルポジションをゲットしよう。
日本車 新興国に挑む 投資判断「速く」「深く」
先行VWや現代を追う。日本企業のいままでの経営スタイルを捨てて、スピーディー、アクション第一へとマネジメント・シフトすること。あなたのキャリアも賞味期限切れの部分は捨て去って、新たに旬のキャリアに衣替えすることだ。そのことを1st careerの転職コンサルティングでアドバイスを受けよう。
ものづくり再生の視点:顧客が喜ぶ「価値づくり」を
使い心地や感動重要 すり合わせの強み生かせ  延岡健太郎一橋大学教授。モノにはどんな価値を持っているか。それはヒトがその価値を認めるか、使い勝手が良いか。それを手にして感動するか、といった付加価値をつけることができるか否かだ。あなたのキャリアも転職市場で価値があるか否かだ。1st careerの転職コンサルティングで価値あるキャリアに磨き上げて旬のポジションをゲットしよう。
世界ICTサミット2012 ネット革命を成長に
スマート革命 踊る。ネット革命は時代が組織から個人主体に動くこと。個人の価値観、意見、ライフスタイルが発信受信される世界中で膨大なつながりが生まれる。あなたの存在価値は何か、キャリア価値は何か。1st careerの転職コンサルティングで成功するキャリアポジションをゲットしよう。
自動車7社 今期は利益2.1倍 前期純利益3400億円
日産、ホンダ抜き首位
「日本経済 成長への革新」日経フォーラム
資金確保も不可欠   京都大学IPS細胞研究所 所長 山中伸弥氏。投資も選択と集中だ。企業もヒトも同じ。あなたの選択と集中するキャリアは何か。1st Careerの転職コンサルティングで価値あるキャリアに磨き上げ、適合ポジションをゲットしよう。
「価値づくり」で競争力強化 産業技術会議が中間報告
人材の開国など5堤言。いま日本企業は独自の価値づくり。他社と違う価値とは何かを構築する必要がある。あなたのキャリアも全く同じ。あなた独自のキャリア価値を創り上げる必要がある。1st Careerの転職コンサルティングで転職価値のあるキャリア価値を磨き上げて最適な求人をゲットしよう。
中国のブランド市場  日本政策銀行チーフエコノミスト 鍋山 徹氏
主要10業種の営業利益率(昨年度) 3業種で海外勢を上回る
セブン&アイ6.1%に。トヨタ・新日鉄は円高打撃
電機 明暗くっきり 日立連続最高益 ソニー赤字拡大 2012年3月期決算
選択と集中 スピードに差
変わる中国 日本企業の挑戦 望み高い「一人っ子」従業員
昇進の道、意欲引き出す
中国事業 人件費重く 日系企業 日経調査
2ケタ賃上げ8割 工場から市場へシフト鮮明。日本企業は人件費コストが吸収できるポスト中国の東南アジア地域へ移動。あなたのキャリアはアジア転職市場で戦えるか。1st Careerの転職コンサルティングでアジアの適合ポジションをゲットしよう。
ネット業界の大物、相次ぐ訪日
有望ベンチャーを物色か。ネット系企業は常に先端技術の動向に機敏な対応が必要。あなたのネット系IT技術は現在価値があるか。1st Careerの転職コンサルティングであなたのキャリアを活かした最適ポジションをゲットしよう。
リーダーシップ3.0を考える。
「メンバーを支援する」のが新しいリーダーのあり方。メンバーへのサポータ-の役割。組織でそれぞれの役割を果たす。上でも下でもない。役割だ。あなたはリーダーシップの役割をどう考えるか。1st careerの転職コンサルティングで新しいリーダーシップの役割を演じられる適合ポジションをゲットしよう。
ソニー「想定外」の連鎖 前期、大幅下方修正 米事業悪化響く
TV長期不振 赤字最大5200億円
自動車部品 、苦戦の日本勢 主要7社、増収増益1社のみ 11年度
海外メーカーへの供給カギ
人ごとでない「ソーシャル」
示唆富むヤフー社長交代。世の中はソーシャル時代。個人の時代。そこにフォーカスした企業が勝ちを収める。あなたのキャリアもソーシャルにシフトしよう。1st careerの転職コンサルティングでソーシャル志向の旬のポジションをゲットしよう。
グローバル人材 人材マネジメント構築急務 早稲田大学政治経済学術院教授 白木三秀氏
日本人派遣者の過重な依存を脱し、現地スタッフの活用が競争力を強化する。日本企業は日本国内(本社)を座標軸に持つのではなく、海外拠点現地分散型の緩やかなマネジメントシステムが優位。ヒトも現地主義を貫き現場に任せる仕組みが成功の基。1st Careerのキャリアコンサルティングであなたのキャリアを海外拠点の適合ポジションをゲットしよう。
世界の自動車大手12社 11年度 収益の二極化が鮮明
米・独・韓が上位に。日本勢は低迷
ITサービス収益改善 大手8社の今期 受注回復広がる
海外直接投資 収益最高に 昨年3割増の3.8兆円 
利回り、米英に見劣り。国内の融資停滞から海外投資にシフト。あなたの金融キャリアも転職市場の変化に即応することが転職価値を生む。1st careerの転職カウンセリングで最適な金融ポジションをゲットしよう。
変革期を迎えた日本経済 グローバル・IT経営が不可欠―Ⅱ
異質の受け入れ  情報社会と超高齢社会が融合。多様な価値観を組み入れるためには異質のシステム、人材を取り込んで融合させることだ。1st Careerの転職コンサルティングで多様なキャリアを経験し、旬の適合ポジションをゲットしよう。
変革期を迎えた日本経済 グローバル・IT経営が不可欠-Ⅰ
変化への即応が鍵。変化に対して俊敏な経営行動がグローバル市場での勝者。あなたのキャリアも同様だ。いま1st careerの転職コンサルティングでキャリアを磨き、最適な求人をゲットしよう。
IT各社 大量データ分析 人材育成に注力
NTTデータ 専門部署で若手教育 CTC 海外IT企業に派遣。ビッグデータが企業の将来性を決める。あなたのITキャリアは賞味期限切れになっていないか。いま1st careerの転職コンサルティングで旬のキャリアに磨いて先端のITポジションをゲットしよう。
ルネサス・富士通・パナソニック半導体統合交渉 システムLSI正念場
強いメーカーに待望論
電機産業 興亡の岐路 世界市場 主導権失う
生き残りかけ、事業再編成を。日本の電機産業、成功体験に溺れ、変化の潮流を捉えられなかった。閉鎖組織を脱却して外部の血を導入して、ダイナミックな経営組織へと革命を起こす行動が必要。それには、経営者の革新がいのち。あなたも閉鎖組織に所属しているのなら、1st careerの転職コンサルティングで革新的なダイナミック企業へとキャリア転職実現を。
イノベーション 米国発 さらば規格品社会
米国では「スマートな個人」に商機。日本のような規格品社会からはイノベーションは生まれない。組織から個人の時代へ。これが流れ。1st careerの転職コンサルティングで伝統的な日本企業組織をおさらばして、自己選択、自己責任のワークスタイルの外資系あるいは、先進日本企業へキャリア転職を実現しよう。
NTTコム、大手買収 インドでクラウド拠点
高い教育水準、安い人件費 富士通は技術者倍増。価値ある技術者を求めて日本の技術系企業はインドに進出。スキルは高く、しかも人件費は日本より安い。日本人IT技術者はインドのIT技術者に勝てるか。いま1st careerの転職コンサルティングであなたのITキャリアを鍛え直して最高のITポジションをゲットしよう。
グーグルなど米ネット系 技術者求め企業買収
吸収後の事業停止 採用コスト高騰。ネット系企業はネット系技術者の確保が企業の成否を決める。だから価値ある技術者を一括して確保しようと価値あると企業買収に走る。あなたのネットキャリアは市場価値があるのか。1st Careerの転職コンサルティングで自己のキャリアの棚卸をしよう。最適なポジションのキャリア転職の実現へ。
ビジネス向け SNSを活用
リクルート 予約サイト連携も エンジャパン 求人広告増狙う。SNSが組織と個人を結ぶ。流行に流されず、自己が自分の立ち位置を見定めることだ。1st Careerの転職コンサルティングであなたのキャリア転職実現を。
つぶやき」媒体 次の進化は? ツィッタ-日本代表 近藤正晃ジェームス氏
「瞬時に情報、広告で強み..Twitter FacebookなどSNSは、個人が自分の価値観・ライフスタイル・意見を発信・受信する。個人の時代。自己の人生を自分がデザインする。キャリアも同じ。組織に縛られず自己選択・自己責任でキャリア選択・ライフデザインができる輝かしい時代。それが21世紀10年代。1st careerのキャリアコンサルティングで最高のポジションをゲットしよう。
主要企業の4~9月 利益の半分、アジアで稼ぐ
開発など現地化加速
米IT,クラウドで明暗 主要11社四半期決算
ヴィエムウェアなど大幅増益、HP,デルは苦戦
世界の総人口 70億人市場に商機
食料・エネルギー・水の確保・・・・。有限な資源という観点からグローバルに考える。企業もヒトも、現在価値を見据えよう。そして再生できる経営資源、人的資産、個人のキャリア価値についてリビューしよう。1st careerのコンサルティングを通じて、さあいま。
世界経営者会議 レノボ・グループCEO 楊 元慶氏
パソコン首位へ買収攻勢。PCからスマホ、タブレット時代の潮流の中で大丈夫か。経営者は常に変化の兆しを感じとってその先を決断しなければならない。あなたのキャリア化価値も旬であるのか否か、常にチェックしなければ。1st careerの転職コンサルテーションで、貴方のキャリア価値を見てもらおう。
米IT5社最高益
7月~9月クラウドや新興国好調
5兆円 スマホ市場争奪 納入の成否、成長左右
多額の投資覚悟、M&Aも活発、勝者は変転する。あなたの専門キャリアも賞味期限切れになっているのかどうか、チェックしよう。1st careerの転職コンサルテーションで。