金融系トピックス

「官製」株高 色濃く 21年ぶり水準アベノミクス効果? 
株高、官製相場の色が濃い。日本銀行や年金基金が影響。公的マネーが株高を押し上げている。日銀がTOPIXに連動したETFを買っている。GPIFが国内株式の運用比率を上げている。本来の攻勢、公平な株式市場に戻るべきだ。
フィンテック 金融*IT開発加速 送金24時間化・保険料きめ細かく
金融とITとの融合による金融サービス、フィンテックが金融の日常生活の便利さに大いに貢献しようとしている。メガバンクや地方銀行で取り組みが本格化。送金24時間化や手数料引き下げへの開発やビッグデータ活用によるきめ細かな保険料化。ただ、日本のフィンテックは米国の200分の一。スピードが違い過ぎる。
5大銀、成長戦略で差 前期純利益 海外や金融商品貢献 三菱UFJ1兆円超え
5大銀の前期決算、三菱UFJが海外収益で他行に差。3行は減益。三井住友は金融商品で差。みずほは総合コンサルティングへ比重。メガバンクは成長戦略の巧拙で差が出てくる。あなたの金融キャリアはどのような価値を評価できるか。いま1st CareerのコンサルティングでCareer Planを確認してみよう。
幻のM&A急増 「大型化」でも難航 政府介入も壁に 破断・撤回、6年ぶり高水準
M&A大型化で破断・撤回多い。敵対的な買収提案が増加も一因。経営者心理に影響。今後もM&Aは増え続けるだろうか。あなたの金融キャリアではどのような見通しを持っているか。いま、1st Career コンサルテーションを通じて確認してみよう。
アジア上場 調達額4倍 1.5兆円、世界の4割 1~3月最大は香港電灯、3200億円
アジア市場でIPOが拡大。成長著しい中国、東南アジアの企業群が積極的。世界がアジアシフトしている。あなたのキャリアは、時流を見据えているか。賞味期限切れではないか。いま、1st Careerの転職コンサルテーションで確かめてみよう。
金融力向上のために 骨太の金融経済支える
邦銀、証券の金融再生・強化が日本経済復活の大きなファクターと言われる。日系金融がリーマン・ショック後、欧米金融機関に比べて相対的にポジションを高めたのはリスクを執らなかったからだと言われる。金融ビジネスとは本来、リスクをテイクして成り立つ。グローバル金融で一定のポジションを占めるためには、如何にしてリスクテイクしていくか。その仕組みと意識変革が求められる。あなたの金融キャリアも成功体験に溺れていないで、変化の激しい金融マーケットでリスクテイクできるキャリアを築けるか。さあ、いま、1stCareerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめてみよう。
海外で企業決済円滑に 三井住友銀や三菱UFJ銀 供給網の資金取引支援
邦銀メガバンクがアジア進出の日系企業の海外での企業決済サービスに動き出した。企業の資金効率を高めることに資するサービスの提供でアジアを中心にした海外での金融取引に結び付ける意図がある。あなたの金融キャリアはどうだろうか。賞味期限切れになっていないだろうか。さあ、1st Careerの転職コンサルテーションで確認してみよう。
外資系証券 再び人員増 日本株ニーズに対応 バークレイズは約1割。 前期決算最終損益 5社が改善
外資系証券、日本株対応で人員増。ただ、リーマン以前のようなマーケット回復は望めず、求人は若手中心。プロフェッショナル人材の需要は期待薄。前期決算の最終損益は5社が改善。香港、上海、シンガポール市場の金融拠点化に対して、東京市場のドミナントポジション回復はできるか。
5大銀、最終益56%増 4~6月8900億円 株高追い風。証券20社の損益が改善4~6月
アベノミクス効果、米経済の回復基調により、5大銀、証券20社の利益が改善。ただ、今後の見通しは、米金融当局の金融緩和策の縮小や日本の消費税引き上げ、新興国の低迷などの要因があって、先行きの見通しは難しい。グローバル経済にあって、それぞれが影響し合っている姿が現実だ。
海外協調融資 邦銀実績積む 1~6月、アジア・北米向け最高 欧州勢と競争激化
欧州銀の敵失から邦銀の海外協調融資が伸びている。だがここへきて欧州銀の復調してきた。米銀も加えて熾烈な戦いが再燃してくる。この局面で邦銀はポジションを維持できるか。変転極まりないバンキングビジネスで勝者敗者は入れ替わる。あなたの金融キャリアは旬をキープできるか。
銀行成長の条件 海外事業優位は3年 収益基盤の強化不可欠
メガバンク、アジア海外部門好調。だが欧米銀に比較して収益基盤強化が課題。リーマンショックのリスクを負わなかった邦銀が相対的に優位に。グローバル金融マーケットで勝ち残れるか。あなたの金融キャリアも賞味期限切れになっていないだろうか。金融キャリアの転職価値をいま確かめてみよう。
欧米の個人向け運用商品 ヘッジファンド型急成長 17年91兆円に
HF型運用商品急成長のより機関投資家や富裕層向け金融キャリアプロフェッショナルの求人需要が見込まれる。あなたの金融キャリアは旬の転職価値を有しているか。1st Careerの転職コンサルティングによりキャリアの現在価値を知り、最適な金融ポジションを獲得しよう。
ファンド、米でM&A活況 巨額MBOも 企業の改革後押し
総額、前年の6倍ベース。ファンドは投資先企業のステークホールダーとして企業価値の評価、改善への良きアドバイザー。あなたのキャリアも外部評価が必要。1st careerの転職コンサルティングでキャリアの現在価値を評価してもらい、旬のキャリアアップのアドバイスをもらおう。
2013証券トップの戦略
野村 アジア市場開拓を  大和 日本株投資に重点。野村と大和の重点戦略はどちらが勝利を生むか。あなたのキャリアの重点はどこか。選択と集中だ。1st careerの転職コンサルティングであなたのキャリアを活かした適合ポジションをゲットしよう。
海外M&A 円高で最多 投資先も分散
日本企業、今年500件迫る。日本企業も国内市場の飽和から海外でのM&Aが盛ん。あなたのキャリアはそれに乗っかれる現在価値があるか。1st Careerの転職コンサルティングで現在価値をチェックしよう。
国内富裕層 開拓競う  三菱UFJ 信託・証券と連携
三井住友 英銀と投資提案  みずほ 全国に担当1500人。日本の金融、みな富裕層を攻める。さて勝ち組はどこか。欧米金融に伍して。1st careerの転職コンサルティングを利用してあなたのキャリアを磨き上げて、最適なポジションをゲットしよう。
日本取引所」を承認 アジア金融の中核を目指す。 東証・大証臨時総会
「デリバティブ強化カギ」これでアジア金融のメインプレーヤーになれるか。上海、香港、シンガポールに勝てるか。1st Careerの転職コンサルティングであなたのキャリアを活かした適合ポジションをゲットしよう。
日本での収益の柱は ゴールドマンサックス証券社長 持田昌典氏
資産運用ビジネスに好機。アバノミクス効果で株価も躍動。いまあなたのキャリアも転職価値を持っているか。1st Careerの転職カウンセリングであなたのキャリアの棚卸をして最適なポジションをゲットしよう。
リーマン・ショックから4年
米、危機克服の道長く。ようやくリーマンの傷も癒えて。いよいよ世界景気回復の胎動もでてきた。いまあなたのキャリアはそれをキャッチできるか。1st careerの転職コンサルティングで旬の適合ポジションをゲットしよう。
金融ニッポン 危機の中の勝機
市場に育つ成長の芽 悲観一色ではない。米国、日本の株価復調で景気回復期待。市場は常に動いている。市場の動向をウォッチしてあなたの金融キャリアも旬の現在価値を有するキャリアに衣替えしよう。1st Careerの転職コンサルティングを利用して。
流転 ウォール街 攻めるファンド勢
年金マネー流入で復調。ウォール街は常に変転する。しかし、また常に機会はある。それをいち早くとらえて行動できるものが成功の果実を得る。あなたの金融キャリアは時代に合っているか。1st Careerの転職コンサルティングであなたの金融キャリア価値の棚卸を経て最適ポジションをゲットしよう。
企業の資金調達 4割減
4~6月 新規上場、世界で停滞
巨額損失招いたデリバティブ 市場、新規制控え影響憂慮 FT
新規上場、回復の見通し
地方の内需型企業けん引
生損保、国内からアジアへ インド、大手の激戦区。人材育成カギに
先行の欧米勢はリストラ。国内飽和の生損保のアジア進出は、ぬるま湯から突然冷や水を浴びせられる。アジアの競争で勝たなければ先がない。あなたの生損保キャリアはそれに耐えられるか。1st careerの転職コンサルティングでキャリアを転職価値まで高め、適合ポジションをゲットしよう。
ムーディーズ、野村HDをBaa3に。米欧大手も下げ検討、収益性低下を懸念
投資銀に格下げ圧力
5大銀、純利益3%増 4~12月 三菱UFJは5割増
野村、黒字に転換。株売却益計上 本格回復なお時間 10~12月
4~12月は赤字104億円
買収ファンド復調 M&A世界で3割増
年金マネー流入 銀行は規制強化で不振。M&A隆盛の流れは、景気回復の兆し。あなたの金融キャリアもいま棚卸をして金融プロフェッショナル・ポジションを1st careerの転職コンサルティングでゲットしよう。
欧米銀を一斉格下げ バンカメなど2邦銀は「弱含み」S&P
ヘッジファンド苦戦 3年ぶり運用マイナス
今年、株価低迷が響く
アジア域内の投資動向 日本発M&Aに躍動感 UBSアジア会長 ウィルモット・シットウェル氏
日本企業の海外進出に勢い。震災で気づいた日本人の柔軟性と起業家精神を改めて再確認。あなたのキャリアの根底にも柔軟性と起業家精神が息づいている。それを引き出してグローバル市場で活かせるキャリアを1st careerの転職コンサルティングで磨いていき、最適な求人案件をゲットしよう。
海外M&A隆盛期に3兆円に倍増4~9月、円高追い風に
金融系トピックス、海外M&A隆盛期の情報からグローバル金融マーケットの実態を把握しよう!
国内TOB 急回復
金融系トピックス、国内TOB 急回復の情報からグローバル金融マーケットの実態を把握しよう!
株式・社債 企業の資金調達急減
金融系トピックス、株式・社債 企業の資金調達急減の情報からグローバル金融マーケットの実態を把握しよう!