外資系証券 再び人員増 日本株ニーズに対応 バークレイズは約1割。 前期決算最終損益 5社が改善

 外資系証券会社が惠只株式市場の売買の盛り上がりを受け、陣容の拡大に勤いている。バークレイズ証券が日本株ビジネスの人員を約1割増やすほか、メリルリンチ日本証券が人員増に動き出した。モルガン・スタンレーMUFG証券なども人員の拡充に前向きだ。安倍政権の経済政策「アベノミクス」を手掛かりに、
海外投資家が日本株への関心を高めていることに対応する。外資系の事業拡大で東京市場の流動性が一段と増す可能性がある。
 バークレイズは日本株のアナリストやトレーダーなどの採用を急ピッチで進めている。3月末で645人だった従業員数を、来年3月末には700人を超える規模にまで増やす方針だ。
 これまで日本株に注目してこなかった海外投資家の需要が急激に高まり、中居英治社長は「現在の陣容では対応しきれない。6~7月は在京時にはほぼ毎日、採用面接をしていた」と話す。
 メリルリンチ日本も、営業員やトレーダーなど日本株関連の人員を十数人増やす計画だ。瀬囗二郎社長は「日経平均株価が8000円の状況を前提としていたが、今は最低でも1万2000円を前提とする体制が必要だ。海外投資家を中心とした顧客の高い要求に応えるためには、事務リスク管理の面でも人員補強が不可欠だ]と話す。
 外資系証券はこれまで、海外買収案件のアドバイスを手掛ける部門で採用を強化してきた。現在は日本株の売買に絡む人員の増強に軸足を移している。外資系証券で2期連続で最大の収益を上げたモルガンースタンレーMUFGのジョナサンーキンドレッド社長も「機会を捉えて人員拡充を図る」と話す。
 ただ、依然として慎重な姿勢の外資系証券もある。ゴールドマン・サックス証券の持田昌典社長は「アジアやアフリカなど海外拠点の人員が頻繁に東京を訪れカバーしている。東京の人員数は抑制して質を高めていきたい」と話す。ドイツ証券の桑原良社長は「本格的な人員増強にはもうしばらく環境を見極める必要がある」とみる。

最終損益、5社が改善 主要10社の前期 欧州系3社は赤字
 主要な外資系証券10社の2013年3月期決算では、経費削減に取り組んだドイツ証券など計5社の最終損益が改善した。半而、UBS証券など欧州系の計3社が最終赤字だった。日本企業の海外企業へのM&A(合併・買収)や資金調達が増え、ゴールドマン・サックス証券やJPモルガン証券など6社の純営業収益は伸びた。
 外資系証券会社は海外金融機関の日本法人で、各社が金融商品取引法に基づき単独決算の業績を開示している。
 税引き利益が10社の中で最大だったメリルリンチ日本証券は、株式の売却で特別利益を計上した。富裕層向け金融取引を手掛ける合弁会社、三菱UFJメリルリンチPB証券の株式49%を三菱UFJフィナンシャルーグループに売った。
 これまでのリストラで各社とも収益力が強化されてきた。
 一方、最終赤字が500億円を超えたUBS証券は、債券部門を中心とした合理化に伴う特別損失が膨らんだ。
主な外資系証券会社(日本法人)の2013年3月期決算
(単位億円。カッコ内は前の期比増減率%。▲は減少か赤字)
             純営業収益    最終損益   従業員数(人)
モルガン・スタンレーMUFG       948              332           675
              (▲13)             ( ▲4)
ドイツ            700                64           630
                            (▲7)       (39)
ゴールドマン・サックス     682                42           766
                             (3)               (▲10)
バークレイズ         504                57          645
                             ( ▲7)            (5)
JPモルガン          461                47           820
                              (34)         (黒字転換)
シティグループ             436                10            648
                             (39)         (黒字転換)
メリルリンチ日本       419                448           842
                             (4)          (8.9倍)
クレディ・スイス      315                ▲32           466
                             (4)          (赤字継続)
UBS                          187              ▲559           645
                            (▲60)       (赤字継続)
BNPパリバ          140              ▲81            414
                            (30)          (赤字継続)
(日経新聞2013.08.12)

2013.08.13