New Concept

共感経済 共感経営
パンクロックの精神でビジネスを創業、自分の流儀で商品開発、一方、キャッシュフロー経営を徹底。クラウドファンディングで株式発行、同社の経営の本質は顧客創造ではなくファンづくりなのだ。まさに「共感」を通したビジネスという点で一石を投じた。
ネット介した仕事の請負など  雇用に似た働き方 厚労省実態調査へ
インターネットなどIT化により個人で仕事を請け負う形が生まれている。クラウドソーシング、フリーランスなど個人事業主としての働き方だ。個人主体の柔軟な働き方は是認されるべきだが、労働者保護の観点からは課題が多い。最低賃金、雇用関係、社会保険などだ。弱い立場を改善するには、法整備の必要性が高い。多様性を有する働き方はもっと認知され、政府がそれをバックアップする施策が求められる。
「雇用改善」伸び悩む賃金 4年で211万人増 非正規大半
有効求人倍率上昇で雇用は改善したが正社員ではなく大半は低賃金の非正規社員だ。根底には依然として日本型雇用制度の残滓がある。非正規社員の待遇改善を目論む「同一労働同一賃金」を政府が標榜しても現実にきめ細やかな制度改変が難しく実効が伴っていない。むしろ活路として非正規社員が多様性を持ったライフスタイルに応じて時間帯、テレワーク、ダブルワークなど制度化したらどうか。independent contractorの道だ。
医療AI開発 46.4億円 ガン転移の画像診断 病理医不足を補充へ
AIの医療面への開発でがん転移の画像診断や医薬品開発、ゲノム医療、介護・認知症に利用される可能性。ヒトのいのちにAIが貢献する。これこそ、IT革命の活きたあかしだ。あなたのキャリアは、何に貢献しているか。
朝日地球会議2017 民主主義再生には 分断から共存へ
グローバル化の副作用の格差を和らげるために、民主主義の再生には「分断」から「共存」への道の選択が・・・・。「自国ファースト」の内向きから各人が「公益」を求めていくこと、忍耐強く寛容な社会を求めていくことが・・・・。「共存」の道だ。
長期金利が上昇傾向 消費税増税問題 財政悪化を懸念
衆院解散で長期金利が上昇。消費税増税分を借金返済から子育て支援に廻すことで財政再建が先送りされ国債の信用が低下する懸念も一因だ。市場では日本財政不安からCDSの購入が増えている。基礎的財政収支の20年度黒字化は困難になった。国際的に国債の信認に跳ね返ってくる懸念がある。痛みは現世代が負わなければならない。選挙では民度が問われている。
景気拡大「いざなぎ並み」確実 増えぬ賃金 実感薄く
現在の景気拡大局面が「いざなぎ景気」に並ぶ。しかし好況の実感はない。賃金や個人消費は勢いがない。労働分配率も下がっている。少子高齢化で生産年齢人口は減っている。企業も内部留保志向で海外進出やM&Aに廻す姿勢だ。企業もそこで働く社員も環境要因の変化に対応すべく現在の位置に気づき、リスクを負っても将来の見通しを持ってアクション・オリエンティド志向を執ることが肝心だ。
朝日地球会議2017 基調講演「グローバル化」と国際国家システムの危機
グローバル化で負け組が増えて不平等と国家体制に混乱が起きている。国際社会に貢献するよりも自国優先主義の兆し。個人主義、アイデンティティーが際立つ。このうえは、相互理解の眼を深めよう。一人の周りには多くの人々との関わり合いによって「一人」が生きているのだから。
朝日地球会議2017 共に生きる世界へ
分断から共存へ。ホリフィールド氏は、社会や経済の解放が繁栄に繋がるという考えと個人が守られ、権利が保障されなければというリベラル主義の2つの考えの衝突をどう解決するのかのジレンマ。木村氏は日本では外国人の権利が制限されていて、国境が壁になっていて、人権が保障されていない。お互い相手を理解しようとすることに一歩踏み出し、そこから「共存」が生まれる。
AI進化でも人手不足続く? 厚労省白書 労働力減で
2017版労働経済白書でAIやロボットによる自動化でも人手不足は解消しない。労働人口の大幅減少によるためだ。AIを使いこなせる理系人材の育成が欠かせない。昨今、日本の技術者は元気がなく、インドや中国に負けている。それに仕事に対するハングリーさが足りない。今後の日本経済の成長を左右するための根底に、政管財、教育機関による理系人材教育シフトが肝要だ。
第4次産業革命
第4次産業革命。AI,Robot,IOT,Big Data・・・滔々とした技術革新の流れだ。人間の労働力がAIにとって代わり、失業の増大が懸念される声もあるが、むしろ、人間力の解放だ。人間にしかできない価値ある仕事に集中するのは望ましい。人と人との関係性、コミュニケーション、おもてなし、相談、カウンセリング、ほっとゆとりにある会話・・・。これらこそ、人間の価値、生きる生かされる意味を感じる価値ある仕事と言えよう。
働き方改革 臨時国会に法案 労基法改正案 労政審「おおむね妥当」
高度プロフェッショナル制度と残業時間の罰則付き上限規制を一本化、労基法改正案が国会へ提出される。労働者代表の連合は「高プロ導入反対」を主張していたが、政府に押し切られた。過労死家族の会は、高プロ導入が過労死の増加に繋がると反対。career professionalは、時間に縛られては高度な職務を遂行できないが、そうかといって、肝心の自分の心身をベストコンディションに持って行ってこそ、当該職務を遂行できる。trade-offの関係だ。
変わる目玉 変わらぬ財源問題 人生100年会議初会合 教育や社会保障・・・四つの論点
安倍内閣が「人づくり革命」と銘打って人生100年会議が発足。政府はこれまで、地方創生、女性活躍、1億層活躍、働き方改革と看板を掛け変えてきたが、いずれも看板倒れで十分か効果が出ていない。いずれの目玉政策も財源問題が根底にある。各テーマを実施するために、その額と確保する方策を十分検討する必要がある。100yrs.Life Shift時代にあって、あなたはどのようなCareer Shiftをデザインするのか。
現代文明の没落 衰える文化 佐伯啓思 京都大学名誉教授
文明栄えて文化衰える。シュペングラーの予言の通り、今日、グローバル資本主義の発展により、我々は、お金、情報、ITなど文明発展の道具によってそのしもべに堕している。今まであった日常の生活習慣、人々との結びつき、宗教、信仰の精神といった文化は失われた。いまこそ、人間としての主体性を取り戻す時が来た。人生100年のライフステージに立って、自分はどのような道を歩んでいくのかが問われている。
激動する世界と宗教 宗教から現代を問う 第一回宗教と資本主義・国家
グローバル資本主義の下、宗教から現代社会を問うという課題が現代に生きる我々に問われている。オカネと稼ぐ人という世間諦を超越して奥深く究めていく姿勢も必要なのではないか。stop-look-renewのプロセスを経て、新たな地平に何が見えてくるか?一人一人の課題でもある。
ビッグデータの活用 改正個人情報保護法施行 情報匿名化し提供可能に 個人特定懸念なお
改正個人情報保護法施行により、ビッグデータの利用活用促進が狙い。個人情報を匿名加工すれば市場の拡大が期待できるとする向きもある。ただ加工方法は自主的ルールに委ねられる面が大きいことから、本人が知らないところで情報が流通・集約され、特定される懸念もある。各人、これらの点をしっかりウォッチしていく必要がある。
米大統領選の教訓 グローバル化 変える時 ピケティ・パリ大学経済学校教授
国際標準への流れに抗してグローバリゼーションへの反撃。USA FIRST! 自国アイデンティティ主張の流れ。市場自由化、金融・貿易の規制緩和は、経済格差、民族格差を生んだ。これからは、各国の自立性を前提に国際標準の流れを希薄化し、地球上共通の目標である地球温暖化などの協議に各国が貢献することだ。
グローバルという巨像 「日本は皮肉な安定」 竹中平蔵東洋大学教授
グローバル化VS自国ファースト。英国のEU離脱、米国トランプ大統領、USA First!。グローバル化が経済格差が進み、消費の低迷、移民問題など社会不安を生み出している。単一市場として国を超えて巨像が動き回ることで、普通の国民、市民の声が反映されなくなっている。各国の事情を反映させながら、同時に世界と連関していくことが求められる。バランスを見出すことだ。
漂う緩和マネー 国債大量購入 緩む規律
日銀が大量に国債を購入し、市場に緩和マネーがあふれ出て3年半、いまだ物価上昇の目的を達成していない。ここで「ヘリコプター・マネー」政策も話題に。規律が無制限に緩んである時、突然に急激なインフレに繋がる懸念は」ないか。意識が流されないようにきちんと見極めることだ。国民も安きに流されるのではなく、苦い汁を吸って耐えることが必要だ。
インパクト投資の高まり
インパクト投資が世界で推進されている。教育や福祉など社会的な課題解決を図ると同時に経済的な利益も追及する動きだ。英国が先例、日本でも社会福祉事業や財政改革の課題でより効果があり効率のよい公共サービスが期待されている。「私」から「公」への流れは、自利を超えて利他を求める人間の本性的な動きだろう。
グローバル時代の危機 警告 仏人類学・歴史学者 エマニュエル・トッド氏
グローバル時代の共通理念に立った違いを捨象した社会が生き詰まっている。一方、英国のEU離脱、Briten first,トランプのUS first,といった自国の存在価値を強く押し出した動きもある。自利を超えて相手を慮る寛容が求められているのではないか。共存である。
消費低迷 景気足踏み GDP年率0.2%増 雇用や年金に不安
日銀の追加緩和政策の波及効果への期待もあるが、将来不安から家計消費や企業の設備投資が伸び悩んでいる。若年層での非正規社員比率の高さ、賃金増が見込めず、年金など社会保障への不安もあり消費を手控え。少子高齢化で内需の拡大は見込みづらい。英国のEU離脱もこれから影響がはっきりするだろう。低迷が続くか。ここで、洞察力で先を見通せるか。
ベーシックインカム 高齢者・若者に生活費給付 議論しては 京大教授 広井良典さん
高齢者は生活保護世帯が増えている。若年層は非正規労働者の割合が高止まり。貧困が広がっているように見える。貧困対策のひとつとして、税財源から全国民に無条件で最低限の生活費を配る「ベーシックインカム」(BI)がある。日本の社会保障制度は所得を再分配し、基礎的な生活を保障する機能が弱い。BIも議論したらどうか。
英のEU離脱 新たな欧州育む契機に トーマス・フリードマン New York Times
英のEU離脱は、一時の熱狂に押されて「分断」を選んだが、これを契機に新たな欧州を形成する契機になればと期待したい。「融合」インテグレーションを目指して!現代は各国、人々、組織のすべて有機的に関係している。自立と貢献へのバランスだ。
取引所統合 信念貫く 日本取引所グループ前最高経営責任者 斎藤 惇さん
NY,LONDO,証券取引所に比べて日本の取引所は、遅れていた。市場の時代は、デリバティブ、高速取引など先端を行っている。斎藤さんは危機感を持って改革に動いた。既存勢力の壁にぶち当たったが、なんとか、大証との統合を実現させた、だがまだ道半ばだ。日本の変化に対する抵抗が岩盤のようにどこにでもはびこっている。そこをぶち破り新たな地平を見出すか否か、このことは何にでもいえることだ。
アベノミクス 第3の矢、規制を破れず 英エコノミスト誌・前東京支局長 タムジン・ブース
アベノミクスは第3の矢、規制改革が達成できず。既成の諸制度の壁を突き破ることができないのは、優れて日本的。内発的に変化を引き起こすことができないのは、強固な岩盤が長年築きあげられてきた証左。日本人が、ここで脱皮できるか否か、歴史的岐路に立っている。さあ、変わる時は今!
離脱の衝撃 貿易交渉停滞の懸念 積極派・英のEU離脱 痛手
英国のEU離脱により、自由貿易交渉に積極的だった英国がEU離脱を決めたことから、貿易交渉停滞が懸念される。保護主義の台頭も広がってくる。米国とEU間のTTXIPも慎重姿勢。TPPも雲行きが怪しくなってきた。地球上のあらゆる国々が一つ変化すると、それが世界中に影響を及ぼす関係があり、それを免れない。自己のキャリアも常に変化し続けるスタンスが必要だ。
低年金 対応策見えず 「中流」保てず 老後不利に 2016参院選
定年後、年金だけでは生活できない。消費税増税先送りで安定財源がない。年金支給額も先細り!自分の人生は自分で守りしかない。経済生活、精神生活のバランスをとり、意味ある人生を!いま、それを考えてみよう。
市場 英国ショック アベノミクスに打撃 円高・株安 脱デフレに影
英国のEU離脱は、さまざまな課題を顕在化した。経済、政治、社会、世代、民族、宗教面だ。英国では、現実に目を向けた中高齢者が、「現在」に投票した。若者は、残留の「未来」を選択したが僅差で敗れた。いまか未来か、その人の生き方が、自分か後に続く若者に譲るかだ。
ビッグデータ 人工知能の判断で個人の人生に烙印 排除や差別の恐れ 慶応大学教授 山本龍彦さん
ビッグデータの時代、便利さの反面、個人がいつの間にか裸にされ、企業や団体組織に操作される懸念がある。一度、データ上烙印を押されると一生それが付いて回るバーチャルスラムが現出する。政府は個人の尊厳を冒すようなビッグデータ活用に規制する必要があると同時に、個人も企業の見えない情報収集、操作、分析行動に対して賢くなる必要がある。
不平等の是正「政治の役割」 仏バローベルカセム教育相 女性の立候補者促進 企業にも普及
世界には様々な不平等がある。人種、宗教、性別、貧富などが分断、衝突を引き起こしている。仏教育相は、多様性を保ちながら共生していくための教育の重要性を訴える。日本は男女格差、女性の政治参加の度合いは最低レベル。仏は選挙で男女同数を義務付けた。企業にも女性管理職の比率を上げる法律が施行されている。貧富の格差も結局教育の問題に行くつくことが大きい。男女平等について日本では政治、企業ともに意識が依然として低い。この点は、グローバルでの現実に注力することをいくら強調してもし過ぎることはない。不断の教育が重要。自由や寛容といった「市民精神」を育むことだ。時間はかかるが・・・。
低報酬国日本の人材価値
我が国の経営者・事業・技術開発マネジメント人材の報酬はアジア諸国と比較して低水準だ。日本の報酬水準体系はグローバル市場からかい離しており。ガラパゴス現象を呈している。生え抜きの社内昇進・競争を基本としている以上、社外の労働市場での競争にさらされることはない。ホームだけで通用している現状を脱してアウェイで勝負し、グローバル市場で競争するだけの覚悟と実践が望まれる。
米起業家 「高齢者」に商機 異常認識センサー・要望叶える人材派遣
米起業家が、米サンフランシスコで高齢者向けサービス手掛ける。情報技術を駆使して高齢者や家族に便利なサービスを開始。端末・機器、ソフト、人材派遣など多彩だ。65歳以上の高齢者率が25%を超えた日本市場への進出も視野に入れる。あなたのキャリアは、高齢者市場を見据えたキャリア内容か。いま、1st Careerのコンサルテーションで確かめてみよう。
これからの世界 財政再建へ負担覚悟を 元日本銀行総裁 福井俊彦氏
日本経済、モノづくり中心から知識創造・価値創造への移行へ。オープンビジネス、オープンイノベーションという開かれた体系が求められる。これからの日本の立ち位置はアジア。中国、韓国との関係改善が。あなたのキャリアのオープンシステムはどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
グローバル企業 日本は「低収益」通商白書「弱さ」懸念
日本のグローバル企業、欧米やアジア企業に比べて、低成長、低収益。多角化企業ほど、資源分散、投資不十分。選択と集中に欠ける。あなたの所属している企業はどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで現在の立ち位置とキャリアヴィジョンを確かめてみよう。
起業拠点 首都圏に続々 アイデアの泉 機材・出資機会 ものづくり支援
日本市場が従来のコンセプトでは飽和点に達している中、個人やチームの独創性をベースにしたアイデアや技術をもとに起業しようとする機運が首都圏で高まっている。大組織でできない個人の視点がモノを言う。あなたのキャリアに独創性があるか。いま1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ベンチャー 地方を目指す 安いコスト 職住近接も魅力
ベンチャーの起業は都会ではなく地方から。ITのインフラ基盤の上に安いコスト、職住近接のメリットを享受。アベノミクスで「地方創生」の施策も支援。あなたは、地方でのベンチャー起業はどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
21世紀の仕事
ITやロボット、人工知能などの技術革新で、機械が人間の仕事を代替する時代が始まっている。英オックスフォード大の調査では、今後10~20年で銀行などサービス業も含め米国雇用の約5割が機械にとって代わられると指摘。あなたのキャリアはどうか。機械にとって代わられる懸念はないか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ノキアの衰退と福祉政策が生んだフィンランドの起業革命
フィンランドのノキア衰退からいま若者の起業ブームが起きている。確実な仕事などない時代、若者は自分の価値観や意味のある仕事を求めている。カネを追い求めるのではなく、社会の課題解決にもつながれば、といった考え方もある。あなたのキャリアの立ち位置はどこか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ニッポンの革新力 実る技術 産業の厚みから innovative JAPAN
日本の革新力は、先端技術の集積を各分野の産業の厚みで支えていることだ。japanチームプレーが体質に合っている。だが、技術力はあってもマーケティング、ブランディングなど構想力に欠ける。人材の流動性も欧米企業に比べ劣る。あなたのキャリアの構想力はどうか。いま1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
目覚める資本 知恵出す株主 脱ハゲタカ 働きバチヘ
ファンドが役割を変え始めた。自ら汗をかいて企業に知恵を出して再生させたり、復活させて行く。企業も新しい視点に目覚め新たな段階をつかもうとしている。企業が現在の姿を新たな視点、気付きで見合押し、一皮むけた新生した姿を提示する。あなたのキャリアも新たな視点で見直せるか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ビッグデータ 悩みは人材 9割で専門家不足 活用企業53%
ビッグデータの活用が企業の死命を制する時代がやってきた。買い物情報や工場稼働情報などを加工して役立てている。ただ、ビッグデータを扱える専門家不足が指摘されており、今後の人材育成がカギを握る。あなたのビッグデータ・キャリアはどうか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
展望2015 グローバル化に透明性を パリ経済学教授 トマ・ピケティ氏
経済成長持続はそれ自体はプラスだが、それが続くと格差が生まれる。格差の拡大が社会基盤を揺るがす。グローバル化もそのものはいいことだが、やはり格差が生まれて、それが国家主義に走る懸念が出てくる。適正な課税と分配が手段になる。全てにおいて関連性があることを理解すべきだ。あなたのキャリアはオープンなシステムを有しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
ミドルサイズ企業の時代
中堅企業に活き活きした会社がある。ちょうど良い組織規模なのだ。血液が隅々にまで行き渡る。ファンドもバックアップする。ローカル経済圏で浸透発展する可能性を秘めている。あなたのキャリアはそれに対応できる備えがあるか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
越境のとき、広がる世界   世界経済会議2014
マーケットはアジアへ。グローバル企業は変化に俊敏に対応している。中国企業も市場化を推進している。世界は常に変化している。それに対応し遅れた企業は脱落。明日の勝者は!あなたのキャリアも変化に対応しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
50年後の日本,最先進国へ改革集中を 人口維持に支援倍増 岩田一政日本経済研究センター理事長
日本は人口減少や生産性停滞要因で全体が縮小スパイラルに陥る懸念在り。これらの要因を回避するためには既存の価値観・制度を破壊し、自由かつ柔軟性に富んだ個人主体の仕組みづくりが求められる。個人もベンチャースピリットの発揚が必要。新たな地平に立とう。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションでそれを確かめよう。
ポストスマホ IOT時代のIT投資 NRI・ICT主席コンサルタント桑津浩太郎氏
ポストスマホ時代、マシンやプロダクトが繋がるシステムへ。まず、自動車。車載デバイスでデータを蓄積。次が、スーパーやコンビニの店頭のネット動線。POSにとって代わられる。ビッグデータ活用では位置情報。あなたのキャリアは時代の趨勢に対応しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
東京も生まれ変わる 街づくり・起業支援続々
東京の国際化へ環境を整える施策が進む。大手町・丸の内・日本橋・有楽町などでビジネスマンや外国人が行き交う街。外国人のビジネス起業を支援しようと規制を緩和し、便利にしようとしていく。日本が多様性を受け入れる環境へ変わる手立ては何よりも外国人との交流だ。あなたのキャリアは多様性を受け入れる用意があるか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。
産業の「多層化」 企業を選別 新・消費者主権の時代 オープン化の戦略が必要 根来龍之早大教授
IT(情報技術)の進化により新たな消費者主権の時代へと変貌を遂げつつある。スマホ、自動車、アパレル、電子書籍端末など多層化が進む。これからの戦略は、第一に多層化の流れ、第二に参入戦略立案、第三にオープン化の検討、である。あなたのキャリアは、時代の変貌に対応しているか。いま、1st Careerのキャリアコンサルテーションで確かめてみよう。