最近の求人転職市場

最近のホットな業種別の人材転職市場ニュース

アジアで技術者大量採用、日本国内の不足を補う

自動車、機械など製造業各社がアジアの新興国で技術者を大量採用する。日産自動車はインドとベトナムで今後3年間程度をメドに4千人を新規採用、技術者の海外比率を2倍の約4割に引き上げる。東洋エンジニアリングはインドの設計人員を千人増員した。団塊世代の退職や少子化による国内の技術者不足に対応し、豊富な人材を抱える新興国を製造だけでなく、「頭脳」の拠点にも活用する狙いで、雇用のグローバル化が加速する。
日産は現在、世界に約2万人の技術者を抱え、うち海外は欧米を中心に約2割。今後はまずインドで2月に焼く3百人の技術者を確保して同国初の開発拠点を稼動する。現地生産が本格化する2010年代初めに2千ー3千人に増やす計画。ベトネムは6百人から3年後に2千人に増やす考え。いずれもソフト開発やコンピュータを使う設計を担当する。
インドや中国での技術者採用はソフト開発の慢性的な不足に悩むIT業界で先行していたが、こうした流れが多くの製造業に広がり始めた。
東洋エンジニアリングは05年に約8百人だったインドのプラント設計会社の人員を昨年末で約1800人に増員。
各社が技術者確保を急ぐのは、技術開発を支えてきた団塊世代の大量退職が昨年から始まり、少子化や理工系離れで新卒者を採用するのが難しくなっているため。賃金水準は日本の半分以下だが教育水準の高い新興国で積極採用。新興国を中心に成長市場向け戦略製品の開発強化も狙う。日本の拠点は中核的技術の開発などに特化させ、内外の分業を敷く。
欧米大手も新興国で技術者採用ぬ動くなか、争奪戦は激化する見通し。日本勢が計画通り人材が確保できなくなったり、採用・教育コストが上昇する可能性もある。

2008/01/29